消去

モノクロの世界#20 | main | 竜宮レナ抱き枕カバー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
モノクロの世界#19
「ちょ─何すんだよ!」
「ダメだよ!人を殺したら・・・ダメだって・・・」
「ちがう!今までだってそうしてきた。だからここまで生きてこれたんだ!これは生き残るためには普通のことなんだ!」
そこまで言って思った。いつもどうり?普通?一体いつから・・・
「私は誰も殺さず生き残ってこれた。どんな世界だって、人が人を守っていけなきゃいけないんだよ!なのに・・・なのになんでみんな殺しあうの?」
「それは・・・」
そこで言葉につまる。しかし、どの道会話はそれ以上続けられなかった。
チェーンソーが振りかざされる。
「手離せ!!」
しかし、真帆は驚きと、悲しみと、それらの感情から動こうとしない。いや、恐怖のあまり動けなかっただけかもしれない。
間に合わない。肉がえぐられる感触。首への攻撃は避けたものの、左腕をとられた。
「ぐわぁぁぁぁぁぁ!!」
だんだん痛みがなくなってきた。意識が遠のいている証拠である。
今左腕はまだ残っているのだろうか。首がもげていないところを見ると、、まだつながっているようである。
真帆は恐怖のあまり、一層強く抱いてくる。しかし、その分右腕は自由になった。

ここで秘密兵器の出番だぜ!
勇は自由になった右腕を腰に回し、取り出したものは─拳銃。
一発放つ。あたりに鳴り響いたものは銃声のみ。男の悲鳴すらあがらない。
それで決着はついていた。
依然チェーンソーは動き続けていたが、その男は死んでいた。
振り返る、とそこには当然真帆の姿がある。
しかし、その真帆は、あの時─あの教会で見せたあの怯えた顔よりさらに怯えた顔をしていた・・・


予約投稿システムを使って、実は(?)この記事は金曜日に書いたものですが、便利ですね、このシステム。
勇君はついに拳銃に手をだしましたよ。
チートなみの戦力確保ww
次の敵はどうしましょうかね?ってもう決めてあるんですがね。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 05:55 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
そんなシステムがあったのか…
ブログは一切やってないから知らなかったよ
んで、秘密兵器は拳銃だったか…
個人的にそろそろ30XX年っぽい(?)武器が出て欲しい
具体的に言うとデスノート的なモノとか人をも吸い込む掃除機(ダイソン製)とかそんな感じの…
でもデスノート出たらほとんど反則技だな…
2008.03.01 Sat 06:39 | URL | Minto  [ 編集 ]
Mintoさんへ
こめんとありがとうございます
デスノートっぽい、近代(未来?)的な武器ですか・・・
どうなるでしょう・・・
私はあまり空想力とかがないものですから、今ないところから新しいものを生み出す(考え出す)ことは苦手なんですよ・・・
デスノートは流石に反則でしょうけどww
2008.03.01 Sat 09:44 | URL | intellctual  [ 編集 ]
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://intellctual.blog34.fc2.com/tb.php/58-a038111a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフ代わり

レンバージョンとか造ってほしいなぁ

ランキング~

こんなブログですが押していただければ喜びます。

リンク
FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。