消去

モノクロの世界#9 | main | みなみけ~おかわり~6杯目「冷めてもあったか、ウチゴハン」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
モノクロの世界#8
一行はまず教会に向かうことに。
裕樹曰く、平和ボケしたやつらが集まっている、とのことである。

だがそこには予想していたほどの人数はおらず、1人の女と赤ん坊が1人。
これだけ……か?
「おい、ここにはほかに誰もいないのか。」
その女は弱りきった声で
「はい……私の知る限りでは誰も。神父様に助けを乞いに来たんですが……」
「ああ、そう。じゃあ─」
そう言って裕樹は包丁を向けた。
「もう消えてもらえるかな。」
「え……?」
「いや、俺たちも生きたいんだわ。だから死んでよ。」
「私は……私はどうなってもいいですが、この子は……まだ乳飲み子ですし……お願いします!」
「ふーん。お前、馬鹿だろ。」
そう言ったか言わないか、その瞬間裕樹は女の左胸に包丁を突き立てていた。

なんとか卒業前に一通り完結させようと、今必死にネタを考えています(苦笑)
ネタが思い浮かばなければなんか中途半端な状態で終わらせるかもしれませんが、すみません。
それでは次の更新でお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 18:16 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://intellctual.blog34.fc2.com/tb.php/24-a0be02cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフ代わり

レンバージョンとか造ってほしいなぁ

ランキング~

こんなブログですが押していただければ喜びます。

リンク
FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。