消去

10月14日のココロ日記(BlogPet) | main | 今日の5の2 5時間目「ネコノテ」他
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
屍姫赫 第2話「遊戯の続き」
交通事故。顔見知りの死…

ヒカルの友人。お通夜の誘い、大きな事故。テレビだって来る。
そんな中、よそ者の自分たちが友達面して行くことなんて…
人の死を悲しむ気持ちは等しくあるのに…

お通夜当日、謎の光、そして死体が…甦る

一方カガミたち、アルコールランプで火炎放射並の破壊力w
とかやってる最中、ヒカルが蘇ったというニュースが届く。
まぁ自分たちが何もしなくても、金剛宗に通報されてるはずだから。

そしてカガミについて語り出す。
タガミであるならば、その定めを継がなくてはいけなくなる。だからカガミにした、と。

カガミは、以前「死んだのに蘇った少女」を発見。追尾を始める。
少女は何やら仕事を請け負っているようで…

そして、たどり着いた先は膨らんだベッド。
しかし、少女が銃を向けたのは、部屋の隅。そこにら屍が!
そのまま醜い姿になったヒカルに腹を破かれる…
カガミが少女の元に着いたとき、ヒカルは元の、生前姿に戻り、カガミに助けを求めた。
カガミは戸惑いながらも少女を連れて行く。

ヒカル以外にも、2体の死体が屍になったという情報が…
少女はヒカルの屍を追うことに。

無邪気なのか、無邪気を装ったのか、ヒカルの屍は「遊ぶ」。
しかし、カガミは「骨は折れ、内臓破裂」というニュースを思い出し、疑問に思う。

夜の公園。
3体の屍。
そこに少女が。
屍とは死そのもの。不死の肉体を手に入れたもの。不死を乗り越えるための不死…
「私は、屍姫」

元々「遊びたい」という気持ちが同じだった、「1体の屍」
3体の屍が合体し、マキナは不利に。
しかし、カガミの「俺と遊ぼう。渡したいものがあるんだ」の言葉に、動きを止める…
バラバラになった屍…
カガミが渡したかったもの、それは「絵」
「絵」は渡せなかった。しかし、カガミはマキナに「ありがとう」と言った。
もし、マキナが銃を向けなければ、カガミはヒカルの屍を殺せなかっただろうから…

カガミが悲しくなかったわけはないだろう。帰った彼は、一人、泣いた…

次回「夜の声」
スポンサーサイト

テーマ:屍姫 - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 02:34 | トラックバック:1 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://intellctual.blog34.fc2.com/tb.php/200-289a3835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
屍姫 赫 第2話「遊戯のつづき」
博士「これが本当の死亡遊戯・・・」助手「今回も恐ろしかったです・・・」...
| 電撃JAP | 2008.10.14 Tue 22:40
| ホーム |

プロフ代わり

レンバージョンとか造ってほしいなぁ

ランキング~

こんなブログですが押していただければ喜びます。

リンク
FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。