消去

パンドラの箱 | main | 隠の王第2話「雷鳴、来る」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
D.C.ⅡS.S第2話「雪の秘密」
1期の終わり方が終わり方だっただけに、2期はホントにちゃんと(?)してくれないとですよ…
では本編~


ポエム~
「この時間がいつまでも続けばいいのに」
OP~
OPは前のサクラキミニエムのほうが良かったなぁ~

お祭り準備中、義之はユメに出会います。
ユメは人気があるんだなぁ、と。
義之の心の声「まぁ、学校では猫を10枚ぐらい被ってるけどな」w

アンズがシナリオに困っているようですが、書きたいように書けば?と。

帰宅後~
ユメ「もうすぐだね」
義之「なにが?」
ユメ「学校でやるやつだよ」
義之「あぁ、クリパか。で、どうかしたのか?」
ユメ「なんでもない」
なんか怪しい感じですね。

翌日、アンズは徹夜でシナリオを書き直してたようで、高熱で倒れてしまったようです。

しかし、誰もアンズの家に行ったことはないようです。
家がすっごく大きいです。
両親はいないので、義之が面倒をみることに。
家の中はガランとしていて何もないな、と。

義之がおかゆを作って、フーフーして食べさせてもらって、なんか昔おばあちゃんにしてもらったっきりだそうです。

アンズは昔、色々あって両親に捨てられてしまったようです。
余計な心配させたくなかったからだれにも内緒にしてたとか…

義之少年時代がフィードバック。
義之も両親はいなかったけど、家族(音姉とか)がいた、と。
なんかアンズendみたいな展開?

自宅、なんかユメにチケットを渡そうとしたらものすごい照れ隠しなユメで、でもチケットは2枚…
義之「一緒に回るやつの分」
一方、アンズの枕元には「起きたら食べて」とご飯が。
気が使えるのか使えないのか……

CM~

翌日、義之はアンズの秘密をばらしてます。
あまりいいことだとは思えないんですけどね~

休むと、みんなに迷惑をかけるから余計体に悪い、と。
じゃあアンズの家で練習しよう、と。
もっとみんなを受け入れるべきだしね、って。

みんなでアンズの家に~
一回読んだ本は絶対に忘れないから本はいらないって言ってますが、いいことばかりではない、と。
神経衰弱で最強。
じゃあ次はポーカーだ!
ポーカー?D.C.P.K.を想像した私はw
これも捨て札などから計算し、ロイヤルストレートフラッシュw
みんなでご飯食べたりして…
いつの間にかアンズがいなくなってます。
まぁ1人で休憩してただけですが。
いい感じに楽しめたようです。
アンズの心の声「義之が背中を押してくれた」

帰り道、義之はユメとバッタリ。
ユメは義之を誘いたいそぶりを見せまくってるのに、義之は「俺が代わりに誘ってやろうか?」って…

ユメは義之と一時別れましたが…
なにやら救急車のサイレンが聞こえ、「魔法を使えたんだね」とか、「私は、正義の魔法使いなの」とか…


小恋は?とツッコミたくなる内容でした。
また別キャラENDはないとは思いますが…
しばらく放置の予感が…
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 02:40 | トラックバック:1 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://intellctual.blog34.fc2.com/tb.php/105-6c36c039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~ 第2話 「雪の密室」
もう、「なの」って言っているさくらさんがなのはに見えてしょうがないw さて、杏のエピソードという事で、 義之は誰も言った事がないと...
| ネギズ | 2008.04.18 Fri 21:52
| ホーム |

プロフ代わり

レンバージョンとか造ってほしいなぁ

ランキング~

こんなブログですが押していただければ喜びます。

リンク
FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。