消去

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
モノクロの世界#18
日本といってもなかなかに広い。その中で自分たちを除く4人を発見することは難しい。
ここは目立つ行動をとって、あえて発見される。が、これは別の人間も考えてるんだろうな・・・じゃあ、そこをばれないように殺す・・・それも考えるだろうな・・・あれ?じゃあ俺はどうする・・・?
どうするのがベストかは分からなくても、極力リスクは避けるべきである。ここではリスクを避けるために、“2番目”を狙うことにした。
“2番目”とは、あえて自ら目立つものを狙うのに適していて、なおそれを狙おうとしている別の人間も狙うことができる場所のことである。これならば逃げることも容易く、狙われにくいだろう。

次の問題として、どこで狙うかである。
この作戦では人がいないところで罠をはっても意味がない。と、そこまで考えたときである。
「どうしたの?裕君みたいな顔しちゃって」
そう言った真帆は対応に困った顔を覗かせていた。
「っぷ・・・」意味もなく笑えてくる。
すると真帆も「あははは」とつられて満面の笑みになった。
なんでこんなにも気持ちが早く変われるんだろうな、とかどうでもいいようなことに安らぎを覚える。
そういえば最後に笑ったのはいつだったか。
「誰が裕樹だよ」
「だって怖い顔してたんだも~ん」

と、その笑い声を聞きつけてか別の生き残りが近づいてくるのが見えた。
今までのような気負いはない。
「よし!」と自らに気合をいれて、いつものように包丁を取り出す。
敵の武器は・・・チェーンソーか。接近戦じゃあ分が悪いな・・・まあいざとなれば秘密兵器もある。負ける気はしねぇ。
まずは牽制がてら包丁を投げ─られない。
「な・・・」
真帆がその勇の右腕を、後ろから押さえていた。


もうすぐ卒業なので、ここからはなるべく毎日更新していこうと思います。まぁお暇な方は見て下さい。
今回も特に進展はなかったですね。というかここから先に超展開とか期待しないで下さいね・・・
もとから期待なんてされてないとも思いますが(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 17:54 | トラックバック:0 | コメント:3
バンブーブレード第21話「川添玉姫と鈴木凛」
ケータイ没収されました・・・・
よって?今後の更新にはムラが生じるかもしれません。すみません。
受験さえ終わればなんとかなると思うんですが・・・まぁなんとかしたいと思います。
今回もオリジナルのストーリーですね。
原作を読んだことのある私としては、面白ければいいのですが、雰囲気のこととかもありますし・・・
今回はどうなるでしょうか?気になる?本編です。


2人がショーを楽しんでいる間のキリノたち(特にみやみや)は特訓していたようです。
前回のとおり、2人には進展とかもなかったわけですが、キリノたちは期待していたようです。
ダン「気にするな。俺はお前のそういうところ嫌いじゃないぜ」w
OP~

ブレイバー(の中の人たち)が特訓してます・・・が、ガール男の人ww
女以上に女らしい芝居ってw
凛も詳しすぎますww
相変わらずのシナイダーファンっぷり。そして溶け込みすぎw

玉cの部屋のオタクっぽさに感動w
凛のほうが凄い気が。
時計について詳しすぎますww時限爆弾のやつとか・・・
意気投合してオタク話に花が咲いてます。
そういうノリは楽しいのも分かりますよ。実際趣味の話題は楽しいですから。

しかし、持論で喧嘩してます。
爆弾を止めたのはブレイバーかシナイダーか?
アドバイスしたのはシナイダー、でもコードを切ったのはブレイバー、また喧嘩。
結局アニメを見まくってますw
シナイダーの死ぬシーンで涙を流し、ベルが鳴って、朝の5時w
凛「シナイダーは死なないんだー」w

CM~

2人は撮影現場に。
玉c緊張してますね。
しかし、シナイガール(藤村)の足が怪我してしまい、凛がピンチヒッターでたることに。
てか監督の「俺がやるか」が一々面白いんですがw
玉cが逃げ惑うエキストラで出演しますが、なんという大根ww
一方、凛名演技。
「竹刀のサビにしてくれるわ」いや、無理無理ww

玉cは反射的の凛と剣道で勝負してますが、凛もまともに勝負できてます。
ブレイバーとシナイダーで喧嘩を止めて、カット。

玉cと凛が話してますが、
凛「私のほうが強いわ。だって、私はシナイダーだもの。あなたはブレイバー、だから勝てない。」
玉「でも、シナイダーは前半何回も負けて・・・」
凛「だからよ」
負けフラグ?

キリノとサヤでお話してますが、なんかサヤがデレデレw

みやみやがランニングしてますと、キャリーが再び。
キャリーは絶対勝てないと言いますが、
サトリン「そんなことないです。最近の先輩は頑張ってます。絶対、いや、その内勝てないこともない、そんな気がしないでもない・・・今日この頃です」みたいなことを。
全然フォローになってない。
関東大会で会いましょ、と。

凛も玉cに対し、関東大会でこの続きを、と言ってED


このまま負けちゃうのかな?と心配です。
原作では別のライバルキャラがいたんですが・・・・この展開ですと、もし2期とかが決定したらオリジナルばかりでグダグダになってしまいそうです・・・
実はキャリーと凛が同じ高校だった、とかもありそうです。
関東大会で、決勝あたりでミヤミヤはキャリーに勝って、大将戦で凛に玉cが負けて、でもそれがようやく踏み出せた一歩目だ、とかコジローの先輩が言って、そんな感じで終わっちゃうのかな?
あと玉c出演の映画とか・・・見たいww

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 17:03 | トラックバック:1 | コメント:1
ドラゴノーツ─ザ・レゾナンス─第20話「奪還─断ち切られた絆─」
http://69.xmbs.jp/MSP/
このアニメに関しては放送が他の地方より遅すぎる気がします。
この話(20話)が放送されるころにはもう別の地方で21話が放送されているような状態ですし・・・
ニコニコで見ようかな・・・
前回はジークリンデ様万歳な回でしたが今回はどうでしょう?
では本編~

いきなりジークリンデ様が転けてます。
ツンツンモード全開w
ギオは何かを見たようですが・・・「待ってくれ。まだ・・・」

??のままOP~

カズミはアイギスの可動任務。
なんか目の輝き方が・・・
一方捕まったドラゴンたちはいろいろと話してますが、特に進展はありませんでした。

ジンたちは潜水艇?で出発しますが、ギオの姿が・・・見当たらない。
ジークリンデ様とりあえずツンツンすぎるww

捕まったドラゴンたちが呼び出されました。

再びジンサイド。
ジークリンデ様が・・・胸に対して嫉妬?
「そんなの付いてたら操縦の邪魔なの」

トアとジンが出発するときに・・・キス!?
トア「私の全てをあげる。」とかなんとか。

ジンとトアが攻撃開始。
カズキ(ヤンホモのあの人)大興奮w

潜水艇組は進入成功。
いろんなアイテムも準備済みです。

ジンとカズキとの戦い。
ジン「よかった。生きていたんだな」
カズキ「よかった?殺そうとしといて何言ってんだ。」
カズキ「俺の分まで死ね」wwww
どういう意味か説明して下さいw

ジークリンデ様はハッキングを担当。
ジンは絆を守りたいと。
カズキ「ふざけるな!俺とギオの絆を引き裂いたやつが!」
どんな人間でもカズキは嫌だと思うんですが・・・

ドラゴンたちがアイギスの実験されています。
ちなみにアイギスは生身のドラゴンにはかなり厳しい模様。
その部屋に入ることはハッキングでは不可能。
でも、動力路を破壊すればCSSフィールドも消え、ドラゴンたちが逃げられる。
そこに向かう途中変な敵がでてきて、教授が戦いますが・・・なにやら知り合いでしょうか?

ジークリンデ様はハッキングが難しく苛付いていますが、
「君はドラゴノーツ一の天才だろ?」
ギリのところで動力路停止。
アマデウスたち復活。
流石ジークリンデ様w

一方ジン、トアはアクチュアライズが解けてピンチに。

教授と戦ったのはラウム?そんな名前でした。

ジンピンチ!
復活したドラゴンが助けてくれました。
と、そこに表れたのはギオ。
とりあえず味方ドラゴンを撃墜し、ED。

前回に引き続きジークリンデ様大活躍V(^-^)V
最近のドラゴノーツは本当に面白いですよ。
ジークリンデ様はもちろんですが、展開とかもう本当にいいです。
しかし今回の話でジンとトアが・・・
これがどう処理されるのか、そのまま放置かもですが、そちらも楽しみです。

テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:34 | トラックバック:1 | コメント:1
レンタルマギカ第20話「鬼の祭り」
くぎゅがくぎゅがくぎゅがくぎゅが・・・
どーなっちゃうのか・・・
前回死亡フラグが立ったまま終わりましたから、さすがに成立はないと思いますがどうなることやら。
気になる本編、スタートです。


「祭りを始めます。」
そのころアストラルには来客。
不思議な力で結界の中にいるカオリ(ミカンの姉)が連れ去られてしまいました。
タツミは自分の無力さに苛立ちますが、社長の説得。
わざとらしすぎる展開な気が・・・

タツミは3年前の、前回の祭りに参加していたようです。
カオリたちの母は前回の祭りで死んでしまったようです。
これに関しては前回より詳しいことが判明しました。

鬼登場。カオリがくっついてます。
まずは角をへし折ろうとしますが、それはカオリにもダメージに。断念します。
人柱の意味は、鬼をミカンに移植。そこで鬼を浄化、その後剥がしとる。
その段階でミカンが死ぬかもしれない、ということです。

この時カオリとミカンの会話があったんですが・・・
いい話ですよ。
ミカンが健気すぎる・・・
声質の変え方もさすがですね。
鬼がカオリから剥がれ、CM~

鬼の分身(おかめさんみたいなやつ)が邪魔をし、鬼が封印から逃げてしまいます。
これではミカンに入りきらない、儀式は失敗し、この地は鬼に全てを壊されるとのことです。

祭りを止め引き上げることをおばあちゃんが言いますが、ミカンは祭りを続ける、放っておけないから、と。
カオリやタツミも協力し、鬼と戦います。
実際契約中ですし。
姉妹の力で分身たちはすぐに消滅しました。

グラムサイト発動!
角度、距離を性格に指定し、ほなみにやりぎの指示。
それに正確に応えられるほなみがすごいw
鬼の動きを封じ、姉妹の力で封印しようとしますが角(生命の源)が残っているため失敗。
ピンチになりますが、
アディ登場!
最初の来客者はアディだったようです。

再びたま沈めの儀式をします。
今度は鬼を封印できそうな流れ。と、封印できました。

おばあちゃん評 いろいろな魔術が混合していて上手く噛み合っている とのこと。

ちなみにミカンを人柱にしようとしたのはミカンの能力の低さを心配して、鬼と一緒に魔力を剥がし取るつもりだった、と。
おばあちゃん「くれぐれもミカンをお願いします」
社長「もちろんです」
で終了。


やっぱりくぎゅを酷く扱う人なんていませんよw
次回につながる話は特になかったですが、どうなるんでしょう?
本編が進んでくれると嬉しいんですけどね。

テーマ:レンタルマギカ - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:10 | トラックバック:1 | コメント:0
少年A4月号
20080227193658
少年A(エース)のレビューをやってみたいと思います。
ひょっとしたらジャンプだのなんだのと始めるかもしれませんが、その第1号ということで。

今月号は、ケロロが表紙です。
付録として、特製ケロロ携帯ホルダーがついてきました。

巻頭カラーは、新連載「魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~」、よしづきくみちさんです。
簡単にご紹介しますが、主人公のソラは魔法遣いです。とはいっても世間では魔法遣いの存在もあたりまえな世界なんですけどね。
ソラの魔法はなぜかひまわりがつきまとってしまうクセがあり、大概のことは魔法でなんとかできるんですが、例えば空を飛ぶとひまわりをまき散らしながら飛ぶ、といった具合です。
魔法遣いの研修に参加するため上京することになりますが、その時告白され・・・、といった内容の第1話でした。
告白後のこともありますがなかなかいい話ですので気になった方は読むか実写映画を見てみて下さい。
この段階ではなんとも言えませんが、期待作品の1つです。

もう1つ新連載がありました。渡会けいじさんの「鴨川ホルモー」です。
この作品もまだ謎が多くて分からないんですが、恋の話で始まりました。
この後になにかに巻き込まれるような雰囲気でしたけど。

あと私の好きな作品は、水無月すうさんの「そらのおとしもの」や、児玉樹さんの「てるてる天神通り」、「NHKにようこそ!」の作者大岩ケンジさんの「夢渡りプルチネッラ」などですね。
他にも好きな作品が多くてエースは今一番よく読む雑誌です。

今月号で気になったものに、「BLOOD+」の作者、桂明日香さんの「はなやしきの住人たち」で、ある女のコが無意識下で危ないこと(リスカ、コンセントの穴にピンセットをさそうとしたり)をしようとしているのを見て、同情といいますか同族嫌悪といいますか、思うところがありました。

巻末の次号予告を見ていて気づいたんですが、次号の新連載で「GIR’Sブラボー」で同じみ?まりお金田さんが再び!(分からない方はエロ漫画家として認識して下さって問題ありませんw)
「デス/コミュニュケーション」という作品なんですが、私はまりお金田さんの描くキャラクターが大好きで、あと終わらせ方とかも余韻がいいっていうかry

エース連載中でこの漫画が好きだ、という方がいらっしゃいましたら教えて下さいね~
ぜひ語らいましょうw(あ、でもガイバーとかみたいに古株にはついていけないかもですけどね)
| 未分類 | 19:36 | トラックバック:0 | コメント:1
狼と香辛料第9幕「狼と羊飼いの子羊」
ホロホロホ~ロ~ホーロ
狼乗ーせーてー
ホロホロホ~ロ~ホーロ
荷馬車は揺ーれーるー
なんとなく、ドナ○ナですw
この前読んだ小説にカラオケで歌ってるシーンがあったのですが、それで人前にも関わらず笑ってしまったので。
では早速本編でーす。


羊飼いにおまじないをかけてもらったんですが、羊飼いにはなにか悩みが。
「私を雇っていただけないかと。私は狼も払えるし。」と。
ロレンスは腕が立つなら雇いたいとホロに相談します。
ホロはまた色香に惑わされたと言いますが、
「お前のほうがよっぽど可愛いだろ。」wwデレデレ

羊飼いの能力は並の狼では太刀打ちできないレベル、とのこと。
ホロはかなり自分の正体がばれることに気を使っているようですが、
「ま、2日間ぐらいならばれんじゃろ。」と承諾。
羊飼いの名はノーラといい、4年間ほど。その前は修道院で仕事をしていたようです。

犬が可愛い・・・・エネク、ですかね。
ローラよりよっぽど可愛いんですが・・・
そしてホロが微妙にロレンスに寄り付いていますね。
なんとなくニヤニヤです。

夕方になって休むことになりました。
ローラは謙虚な性格ですが、ロレンスは能力に見合っていないとのこと。
雇い主を変えたいのか、ローラは反応をしますが、雇い主が教会。
ロレンス曰く、教会なら仕事がなくなることはない、とのこと。
副業で護衛を薦めてみます。

夜になると、ホロが怒り気味です。
ロレンスはツンツン、ホロはやきもちを焼いたのかな?
でも、ロレンスがネタ晴らしをしたところ、大笑いして
「にあわなすぎじゃ」
「主も意外な切り札を持っておるのう」

ロレンスたちは町に着きました。
護衛料としてお金をちょぴっと多めに払ったんですかね?
やっぱりロレンスが変ですかね・・・
ホロは桃の蜂蜜づけが欲しいようですね。

町に武具の持ち込みをしようとしたのですが、なんとなく雰囲気がおかしいです。
ノーラもおかしな雰囲気に気づいたんですか、ひょっとしたら関係者かもしれませんが。

2人は商館に向かいます。
昔のおとぎ話をしながら歩いていますが、やっぱりいいコンビです。
商館とは組合みたいなものですかね。同郷の集まりみたいです。

ホロは子供っぽくていいですね。

商館に入るといきなり変なおじさんが。
「よく帰ってきたな、わが息子よ。」ww

ロレンスを探して走り回っている人がいて、ED。


ノーラ要チェックですかね。
クロエと同じ展開はないと思いますが、裏切り関係でなにjかあるきがします。
にしてもエネクが可愛いんですがwぜひペットにほしいw

テーマ:狼と香辛料 - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 17:10 | トラックバック:4 | コメント:1
俗・さよなら絶望先生第8話「スパイナツプリン」「暴露の実の熟す時」「半分捕物帖」
3:27~3:57って・・・
私の地区で1番遅いのはしおんの王の、3:35~4:05ですけど、それに匹敵しますよ。
オリンピックの特番のせいで・・・(卓球だったかもしれません)
ARIAも放送されないし・・・

キャラ名未だによく分からない、かなり難しい(解説が)ような内容、なんとなく今まで敬遠してたんですが、絶望先生、今回はチャレンジしてみます。
ご指摘等ございましたら教えて下さいね。
では本編です。


いきなり欝、欝、欝の文字。そんなものは関係ありませんが。
夏休みの思い出にプールで写真を撮ったところ・・・「隠しどりよ!」とあらぬ疑い。
ちょっと自意識過剰ですよね?
先生そこまで悪人面してませんし。
スパイ扱い、今回はこのネタっぽいですね。

OP~

ラーメン屋で出汁を聞いたり、お店で値段をメモしたりしただけでスパイ扱いされる、と。
ケータイの普及に伴ってスパイセットを持ってるようなものだからと。

逆に企業側に疑惑を持つこともありますし。

と言っている間に国境のない某国のスパイ容疑をかけられてます。

先生は売国奴となって情報を売ろうとしますが、スプリンターセルの容疑が。
先生の知っている機密情報って・・・
しかも今時涼●ってw
赤ちゃんの名前も分かってますし連載も終了してますしw

では自ら嘘情報を流せばいいじゃん、と。
いろいろ嘘情報が流れてAパート終了。


次は秘密がばれる話です。
高校デビューを狙って頑張ってたとか、いわゆる4月は嘘ついて5月にばれる、だから五月晴れ(五月ばれ)と。

薄井君は五月ばれを警戒してますね。

倫が別の五月ばれについて言ってます。

身体能力の高さをかわれて五月ばれ。
部活の引き抜きが・・・

千里はダムの一件が五月ばれ。

ほかにも借金とか私服のセンスとかが五月ばれしてると。

自分からばらせば世間は寛容である、だからどんどん秘密をみんなでばらしあっていきます。
先生のばらしは地味~に環境に貢献してると。
ただの偽善者ですけど。
最後は霧が交に「ばれる前に言っておくけど、私、交君の本当のお姉さんじゃないの。」
「分かってるよ。」


Cパートは半々についてですね。
半信半疑だったら8割は擬であると。
半々はどちらかに偏っているものだと。
半密閉湯沸かし器はry

千里の半々は完璧。かなり特例。
ただ先生は疑っています。
半殺しとかまでもっと殺しよりに。千里の考えw

全ての半分をきっちり半分にしないといけない、とか。

半分寝る練習とか半分半分半分・・・
でもマリアはOK!w

逆に半壊をきっちり半分にするために修理したり。

結局完璧だったので、千里の基準を疑ったことを謝れ、と。
半土下座・・・面白くない・・・
なんだかんだで半オチさせるために地球爆破・・・かな?

その後、先生は料理を作ってもらおうとしますが・・・
「さーて、今日は先生になにを作ってあげようかな」と包丁を構え、スイング。
終劇。



ひねり方は相変わらず秀逸ですね。
個人的にはCパートが微妙でした。
五月晴れは結構共感でしたけど・・・、笑ったかなぁ。
まぁ声に出す笑いをするアニメでもない気がしますけどね。
ニヤニヤするのがほとんどでしょうか?

テーマ:俗・さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 04:08 | トラックバック:2 | コメント:1
みなみけ~おかわり~8杯目「プールは別腹です」
最近カウンターの挙動がよく分からず困っている状態です・・・
50いくようになったかな、と思ったら翌日1桁なんてのもありますし・・・(なんて低次元な・・・)
原因は分かっているんです。小説のせいなんです。
アニメ記事でトラバした日は結構人が見て下さるんですが、その他の記事及びトラバをしなかった日は・・・ね。
と、まぁ一切関係無いことをうだうだ言ってましたが、みなみけ~おかわり~でーす。それでは~


確かな思いを伝えたくてー
歌詞はみなみけっぽいんですが、絵が怖い気が・・・

今回は水着回でしょうか?スポンサーの紹介のシーンが姉様の。
前回の予告を全く覚えていないです。

姉様が駄菓子屋で買い物をした時にプールのチケットをもらいました。
温水だから冬でも大丈夫。
チアキが変なモードに?
どうやらチアキは泳げないようです。しかしそれはばれたくないようです。
以前の海は一体・・・?

カナの集めた面子にトウマとかマコちゃんとか・・・
マコちゃんはセーフかもしれませんがトウマはアウトでしょうね。

マコト本人も迷っています。
トウマ「分かった。俺にまかせろ。」

フジオカはカナをプールに誘いたす。カナたちがチケットを持っていることも知らずに・・・
不憫・・・
ホサカ!
ホサカ「南ハルカは土曜日にプールか。俺の力は必要ないな・・・」
あれ?ホサカ終了・・・?
みんなが水着を着てきた、だから水着を見せたりしてますが、マコちゃんばっちり・・・それとフジオカが微妙に赤面・・・
ロリコン・・・?
少し嫌な一面を発見してしまいました。
うぶなだけかもしれませんけどね。
カナも勢いで脱ぎますが・・・
「あ、忘れてた。」

その後なんとなくで迷ってます。

CM~

なんとか目的地到着。
チアキはなんとか25m泳ぐぞー、と気合い。
そういえば原作で泳げないとか言ってた気がします。

トウマの水着はふつうに女の子用でした。

チアキ=姫、これをネタにカナのからかい開始。
ウチダ「姫~」
チアキのキック。

ヨシノがなぜかチアキのうきわを借りに行ったんですが・・・店員ホサカ?

ここでチアキが開き直って姫の権力を使います。
ハルカ他人のふりw

姫はカナの手を借りて泳ぎの練習。
カナが手を放し、チアキが溺れ、フジオカお姫様だっこ。
やや赤面なフジオカと拒絶する?チアキ。

やっぱりホサカいました。ライフセイバーのバイトです。
妄想内で姉様を救出w

チアキの発言からみんなが目標を決めてます。
ヨシノの目標がw
「この友人をよい方向へ導くこと。」w

女バレ部もきてます。
カナ→チアキ人工呼吸w

フジオカ君もててますねー。

フジオカはトウマの格好を見てもまだ男だと思っているようですwww

トウマの目標「極力藤岡を避けよう」
原作は仲がいい感じなんですけどね~

チアキが15m泳いだところでカナが捕まえ心の傷が。

みんなが集まってきてわいわい話して、
姉様(の脳内?)「今年の目標、世界が平和でありますように」


惜しい!
フユキがいないことでやや得点は高かったんですが、ホサカの活躍が・・・
最後のシーンは姉様が寝たままでプールになげこまれながらの「今年の目標~」だったんですが、そこでハルカが驚いてホサカLet’s goとか、そういう流れだったらなーって思っちゃいました。
ホサカおちも最近ないですしね。

テーマ:みなみけ~おかわり~ - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:36 | トラックバック:4 | コメント:2
ハヤテのごとく!第47話「そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど・・・」
そろそろヒナギク回をもう一度!
友人の力で今回は見ることができました。
ありがとうございました。それでは本編~


いきなり重大発表があるようです。
ハヤテは仕事はしなくてもいいとか・・・・
クビではなく、テストの点数が悪いそうなので、勉強のためだとか・・・
いいご主人様だなぁ。

テレビマトリクス?映画が。
クラウスがテレビからww
なんでも秘密兵器があるそうです。

ハヤテは落ち込んでいるみたいです。
ハヤテもなんとなくツンデレっぽいな。
勉強しながら呪いをかけてるようですね・・・
ハヤテはナギとの絆を信じることにするみたいですが・・・結局様子見することに。

そこにはハヤテっぽいロボが。
かなり暴言?でも的確すぎる指示が・・・ベタボメですね・・・
なんとなくナギと上手くいっているようです。

次はお掃除を手伝うことに。
いきなりタッチ。
マリアさんの肩がこってるみたいですが・・・
なんとなく肩もみの仕方がエロい・・・・・
マリアもおちたのかな?。

CM~

卓球してますが、ノーバンじゃないですか?
ロボとサクで突っ込み?ロボのスペック高いですね。

ナギはハヤテのジェラシーが嬉しいようです。
負の感情なのに?と。

ロボはマリアさんに猫コスさせて様子見。
ロボの操作で服がはだけてラム?
とかいいながら人払い作戦。
悪だな・・・・

ナギはカップ麺すら作れないって・・・・
サクの料理で元気ずけられましたが、今度はナギジェラシー。
そのままサクも人払い。

サクのおかげで勉強がすすむ、と。ですからナギは怒ってビンタ。
そこでロボがハヤテの悪口を。ハヤテは根暗モード。
ナギの秘密をボソボソと。
しかし、ナギにはやっぱりハヤテしかいない、と。
仲直り~

ひょっとするとロボはそこまで狙って?
完全であることはいいことではないにでしょうか?とロボは自問自答しています。

そこで緊急ニュース!
隕石落下!!
なんという超展開!

ロボの自爆装置でなんとかする、と言いますが、ナギはダメだ、と。
「命に代えても守ることが執事である。」だったかな?
ナギは泣いてますが、隕石は無事消滅。
しかし、まだロボは形は残っているみたいです。


前回の話を知らないものですからわからないんですが、最近ヒナ出てきてない気がしますね。
最終回はどうなるのでしょうか?と、毎回気になるんですが。
先行放送しちゃいましたしね。
しかし、次回はヒナ回!!!
待ってましたよ。でも見れないかも・・・・orz

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 15:29 | トラックバック:2 | コメント:1
モノクロの世界#17
12月22日─核発射まであと3日─

「臭っ……」
昨日積もった雪も昼になると溶けていた。
そのため死体が露わになり、その臭いが鼻をつく。
それらの死体1つ1つにまだ表情が残っていることに悲しみを覚える。中には見覚えのある顔もいくらかあった。裕樹は今どうしているのだろうか……

突然、電子音が鳴り響いた。
『核発射まで、あと、3日間、になりました。ここで、途中経過を発表します。あと、生き残っている人数は、6人、です。』
この“6人”という数字に、勇は複雑な感情を抱いた。あと数人殺せば生き残ることができる。しかし、この世界にはあと6つの命しか残っていないということでもある……
電子音はまだ続いた。
『その所在地は、アメリカ、0名。ヨーロッパ、0名……─』
0という数字は絶望の現れだろう。
この世界に生きることを苦に思った人間たちが自らの命を絶ったためであろう─そこまで考えた後に気づいた。どこも0の数字が並んでいる……
─ひょとして……
『─日本、6名。以上が生き残っている人間の数です。』
驚愕である。
たった6人の命、それらが全てこの日本にある。

いよいよ本格的に最後の戦いが始まる。勇は直感的にそう思った。


補足説明ですが、たしか1つの大陸のはずなのに、アメリカとかヨーロッパってなんだ、と思った方がいるかもしれないので。
ここに登場するアメリカやヨーロッパなどは地域を特定するためのワードです。
大陸が1つになったとはいえ、各国が自国の領土を持っているわけですから、呼び名もそのままだった、という感じの裏設定です。

それと、1つ質問なんですが、私、小説書くの遅いでしょうか?
なんか、あんまり細かく分けて書くと読みにくい、という意見がございまして、ただあくまでおまけみたいなものですし、結構更新のペースも適当ですが、まぁ卒業式にピッタリ合わせたい、っていうのもありますので、どうしようかな、と。
なにか意見がございましたら言って下さい。

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 15:03 | トラックバック:0 | コメント:3
ひぐらしのなく頃に絆
20080223010714
つ い に DSでひぐらしが!!

6月26日発売予定、ニンテンドーDSソフト、「ひぐらしのなく頃に絆 第一巻 祟」
監修はもちろん竜騎士07さんです。
今回は4部作となる内の1本目が発売ということです。
内容は、
鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編、染伝し編の4つ。
キャラデザインはratoさんで、音楽制作は5zizzさん、主題歌制作は志倉千代丸さん、いとうかなこさんが歌います。
主題歌の曲名は「追想のディスペア」。染伝し編のイメージを歌にしたそうです。

また、新キャラクターも多数登場します。
今判明している新キャラクターは、
公由 夏美(きみよし なつみ)、籐堂 瞭(とうどう あきら)、牧村 珠子(まきむら たまこ)、佐伯 千紗登(さえき ちさと)、南井 巴(みなみい ともえ)が登場し、
また、前作では登場したものの、姿は見られなかった、
岡村 傑(おかむら すぐる)、富田 大樹(とみだ だいき)、亀田 幸一(かめだ ゆきかず)にもグラフィックがつきます。

第2巻以降にも、罪滅し編、皆殺し編、暇潰し編、目明し編、祭囃し編、澪尽し編が決定しています。

今からwtktが止まりません!!

あれ・・・?そういえばまだ「約束」も「戸惑い」も「らき・すた」も「カケラ遊び」も全くプレイしてないどころか開封すらしてない気が・・・
まあ受験の後なら・・・きっと・・・ね・・・。

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

| ゲーム | 01:07 | トラックバック:0 | コメント:3
「今日の5の2事件」終演
みんな~、
チ カ  ち ゃ ん た ち が 帰 っ て 来 た よ ~o(^-^)o

はい、突然すいません。
さっきゲオから電話がかかってきまして、来週の火曜日には今日の5の2のDVDBoxが入荷することがきまりました。
ゲオ●●店の皆様、プライベートでまで探して下さった●●様、ありがとうございました。

それだけです。
では失礼しました~
| 未分類 | 16:29 | トラックバック:0 | コメント:1
バンブーブレード第20話「ブレイバーとシナイダー」
前回とはそんなに関係のない展開になるのかな?
次回予告は見てませんのでなんとも言えませんが。
どっちにしても面白いということには自信がありますがねw


ブレードブレイバー声コジローw
幼き日の玉c?違うと思いますが、なんか感動に涙を浮かべて見てる少女が1人。
名前を呼ばれてた気がするんですが、聞こえませんでした。

剣道部は今日も練習。
コジローの出張で休みになることに。
ダン君出張におみやげを期待するなんて・・・
みやみやは自主練するため、さとりんを誘います。

ユージは玉cをデートに?ブレードブレイバーのショーがあると聞いた瞬間に玉cが凄い反応を。
しかし、ユージは誰かと一緒に行きなよ、と。
玉cの小動物モード。誰も行けません。結局ユージと行くことに。
その瞬間、なぜかキリノたちが「よし!」

玉cは緊張していてなかなか眠れません。生ブレw

いろいろ調べて準備ばっちりな玉c。
コミケ時の開幕ダッシュなみの速さw

ショー中の玉cのしゃべりの多さw
ここぞとばかりにオタクモード全開です。

デスアーマー復活!声コジローの先輩w
ブレイバーが登場!玉c感動!
玉cの輝き方がw
もう1人大きなお姉さんが。「私、シナイダーしか応援しないから。」

決着、ブレイバーが映画で復活するようです。シナイダーも。
大きなお姉さんがその言葉に反応。

CM~

結局剣道部は自主練に集まってます。ユージと玉c以外。
ユージも玉cも恋愛感情はないんじゃないか、という結論。

玉cクイズにばっちり参加してますww
優勝商品の限定ぬいぐるみ。大きなお姉さんとの争いに?
もう周りのチビッコかわいそう・・・
結果は同点。決着はカラオケで決めることに。
大きなお姉さんの名前は鈴木りんです。
シナイダーの歌。
なんとなくかっこいいようで、95点。
玉cはガチガチ。45点www

イベント後、りん登場。シナイダー以外はいらないからあげる、と。
握手会、撮影会と参加。

玉cが帰宅すると・・・ブレイバーw
玉cのおじいちゃんの友人だそうです。映画のロケ中お世話になるとのこと。
玉c輝きまくってます。
玉cも撮影を見に行くことに。そのかわりに1人、面倒を見てほしい人がいる、と。

その人はりん。
りんは玉cのことを忘れてますがw
いや、忘れるの速いよ・・・


玉cはやっぱりかわいいですよ。
今回はめずらしく?喜怒哀楽がはっきりとあってさらに。
オリジナルでもどこぞのフユryとは大違いですねw
凛も原作にはないキャラですが、これからクライマックスに向かっていくのかな?それにしっかり関わってきそうですし。
そういえば、凛は熱心に通ってるって言われてましたが、ロケなんて日本のあちこちでするものでしょ?場合にもよると思いますが。
それらすべてに付いていったとしたら・・・おそるべしですw
オタクとして負けました。
親はなにか言わないんですかね?

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:12 | トラックバック:0 | コメント:0
ロザリオとバンパイア第7話「雪女とバンパイア」
くーぎゅ、くーぎゅ、くーぎゅ、くーぎゅ・・・くぎゅ!!
つ い に くぎゅ登場!!!
今回のキャラは少し無口なキャラですので、新鮮です。
どんなくぎゅか、心配で楽しみです。
それでは本編~


新聞はなかなかいい感じの評判です。
なぜぎん君がいるの?

新聞部は打ち上げをすることに。
そこにキャンディをなめる少女が1人。新聞をもらいに来たようですが、なれあうことが不思議だとか・・・
そしてつくねを見て、「思ったよりかわいいな。」
くぎゅですよ!
ルイズやミカンとはちがった感じですね、やっぱり。
DVD買おうかな~くぎゅ登場する部分だけ。

OP~
もう1人ヒロインがいるOPなんですけどね。いつ登場でしょうか?

白雪みぞれ、それが彼女の名前。
今まで事情があってこれなかったとのこと。
みぞれはつくねの記事を気に入っているようで、スクラップもしているようですが・・・細かい・・・
弱いものからの視点で、共感できる。自分と同じ。そう言っています。
ところで、なぜみぞれはなぜ私服なんでしょう?

みぞれとつくねは水切りして遊んでます。
みぞれはつくねと遊んでいたい、なのにモカのもとへ行くなら私(みぞれ)は何をするか分からない。

モカのもとにみぞれの氷人形が。モカピンチ。
みぞれの正体は雪女でした。

つむねに対するみぞれ愛情表現が・・・怖い・・・
「凍らせればどこにも行けない、私だけのものだ・・・」
そこにモカ登場!
くるむがモカを助けたようですが、その時にくるむが惚れ薬入りケーキとか言ってた気が・・・

みぞれはつくねに自分の思いを拒絶されたと思ってどこかへ行ってしまいました。
その時、足元の氷が割れて・・・
CM~

こつぼ先生が泣いているみぞれを発見。
一方、3人は風邪ぎみ。
ねこのめ先生が来ました。こつぼ先生がみぞれに氷付けにされたようです。
このままではみぞれが退学になってしまうと・・・
つくねは自分の行為を悔いて、みぞれを探すと言います。
なぜかぎん君が登場。スクープ写真を持ってきたと。

つくねがみぞれを発見、謝りにいこうと言いますが、みぞれは笑い出します。
それは悲しみの笑い。つくねだけはと信じていたのに・・・
BGMがなんとなくくぎゅです。キャラソンかな?

本当はこつぼ先生が悪かったことがぎん君の写真で判明。

みぞれは切れます。この声はやっぱりくぎゅだw
落ちそうになったみぞれをつくねがファインプレー。
みぞれは死にたがってます。
孤独、友達、1人、なれあい・・・
自分でも操れなくなった氷人形、無理心中をはかられますが、ここで裏モ降臨光臨。
瞬殺、そして救出。

みぞれ「礼なんて言わないよ。」
そこに裏モカ様の蹴り。「死ぬなんて、一生懸命生きてから言え。」
てかパンチラ多いよ・・・

その後、みぞれは髪を切り、生まれ変わった気持ち。
そしてつくねストーカーが1人増えましたとさ。


みぞれは原作キャラの中では1番好きです。ショートもいいですがロングのほうが好きです。
つくねに共感しているみぞれに共感、少し違うかな?

本編とはあまり関係ありませんが、少し言わせて下さい。
誰も理解してくれない。そう言っていましたが、あたりまえだと思うんですが。
だって、自分を理解してもらうということは自分の全てを他人に晒すということですし、そうでなくとも、そのような気持ちであることだと思うんです。
他人を理解しようとすることも、相手の心の領域に入り込んでいくことになるんですから、仲が良くても大変なことだと思うんです。ましてや自分から心を開いてくれない相手では。
人間(まぁ妖怪ですが)なんですから、上手くいかない相手もいます。でも、だからといって自分から心を閉ざしてしまってはどうにもならないのではないでしょうか?
死ぬ、ということも、本人がどのぐらい辛いかなんて分かりませんが、基本的に反対です。
死ぬことに美学を求める人もいますが、私からすれば、死ぬことはかっこわるいことだと思います。
ただのバカだと思います。
逃げてもかまわない。ただ死んでしまってはどうにもならないでしょ?
辛くて辛くてしょうがない、だったら死ぬなんてバカなことせずに辛いことから逃げればいいじゃないですか。
アニメの数分の内容についてここまで熱くなる私って一体・・・
ちなみに心中いつでも募集中です(オイ)

テーマ:ロザリオとバンパイア - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 02:11 | トラックバック:1 | コメント:1
ウキ→ビジュ
今回はタナカカツキさん(漫画家)がゲストで話が進みますが、こんなものは関係ありません。
しかし、今回はミクについての特集?が。
オリジナルアニメが見られる、ということで視聴してます。
森井ケンシロウさんが原画師としてアニメ制作。本来は禁止ですが、ライセンスをもらってとのこと。
さかなアンドねこ4というアニメです。
そのアニメのエンディングに登場!
絵が・・・まぁ気にしないことにしましょう。
歌はそこそこ・・・なんですかね。
すみません、曲のタイトルを忘れてしまったので、(さかなとわたし・・・だったかな・・・かなり自信ありませんが・・・)また後で思い出したらこの記事に追加します。

しかし今更ですがリン・レン買おうかな~
自分の作曲を歌ってもらえるってかなりありがたいですし。
いろんなアニソンも歌わせたいですね。
| 未分類 | 01:02 | トラックバック:0 | コメント:0
ドラゴノーツ─ザ・レゾナンス─第19話「家族 ―温もりの欠片―」
SQの展開はトアの弟ドラゴンと戦ってますが、結構面白いですよ。
トアとジンの信頼関係はアニメにも負けないぐらいに表現されてます。
弟君にもいろいろな事情が・・・彼も可愛そうなんです。
それでは本編~

いきなりドラゴンの襲撃。
事前に気づいていたので逃げ出していましたが。次の目的地は東京。

OP~

木を隠すなら森の中、隠れるために東京です。
ほかにも情報とかの関係です。
「だれもあんたのことなんて見てないわよ。自意識過剰じゃないの?」とジークリンデ様。

一行はジークリンデ様の別邸(豪邸)を隠れ家とするようです。
そこにはジークリンデ様のお父さん、現頭首がいました。
なんとなくジークリンデ様との仲が悪いようです・・・
お父さんはツンというよりただの酷い人?
しばらく匿ってもらうことに。

抗タナトス因子・・・かな?生物兵器としての使用に目処がたったようです。
会話の内容的にはドラゴンも犠牲にするかもしれませんが。

トアとジークリンデ様がベットで話合ってますが・・・なぜダブルベッドが1つだけ部屋に置いてあるんですかね?
会話の内容はトアには父がいないから、父ってどんな感じなのかとか、ジークリンデ様の自分の居場所とか・・・
トアが少し風に当たってくる、とどこかへ。

シャワーシーン!ジンのですけど。
その間にギオがどこかへ。

CM~

よく分かりませんが1人サヨナラ?ドラゴン狩りってやつですか?

それのせいで残ったドラゴンがトアとギオだけに。
教授の背中が・・・?

上空からなにかが?ギオが空をにらみつけてました。

ジークリンデ様の父はジークリンデ様のために日本に来ていたようです。
ツンデレ一家w

夜が明けたら出発することに。

抗タナトス因子はアマデウスにはいまいち機能しなかったようです。オリジナルにしか効かないかもしれない、と。

ジークリンデ様の父がデレたぁぁぁ!
ジークリンデ様も本当はお父さんのことは嫌いではない、仲直りの方法が分からない、ということです。
ここでジークリンデ様が・・・デレなかった・・・

ジンはジークリンデ様を置いていこうとしますが、ジークリンデ様は自分も着いていく、と。
「なに勝手に決めてんの?ちっちゃい男。この世で最もいとおしいものは親子の絆?もっと大切なものがあるって分かってるでしょ、いいえ、分からないなんて言わせない。それに私の居場所はドラゴノーツ。私にはアマデウスが必要なの。」
だったかな?そして笑顔で出発。

いい回でした。ジークリンデ様万歳!
また一段とジークリンデ様が好きになりました。
話の内容とかはともかくジークリンデ様のことばかりが目についてしまいました・・・
最近の展開は面白いな、と思っていたのに・・・不覚でした・・・

テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:40 | トラックバック:0 | コメント:0
レンタルマギカ第19話「巫女の故郷」
このタイミングで初レビュー。
もう社長さんのもてかたがありえない・・・
顔はそこまでいいわけではないと思うんですが、性格だけであそこまでもてるんですかね?ある意味周りの女の子たちがすごくピュアなんですかね。
それでは本編~

Blive in yourself~
いいOPなんですが・・・なんて言ってるのかほとんど分からない・・・
ところどころは分かるんですが・・・
聞き取りが不可能・・・
最初っからくぎゅ!
水浴び?
「祭りが始まる」。
「祭りはまだ終わらぬ。」

社長は修行中。
そこにほなみが休憩のお誘いに。

くぎゅやアディたちがいなかったようです。帰省とかで。
なんてつまらない会社に・・・
と、猫さんが暴れはじめました。
くぎゅの身に一体なにが!?
くぎゅは返せない、とか。
拉致したい気持ちは分かりますが・・・1人占めは許せませんよw

社長とほなみがくぎゅと猫屋敷を取り返しに。

現地に着くと、ものすごく大きい、鬼みたいな人が。名前はたつみ、かな。
彼は守人として呼ばれたようです。

くぎゅ(みかん)の意志に関係なく、その力を欲しているようです。
しかし、ほなみの発言、「協会に通用するの?」
「では鬼を退治していただきたい。レンタルマギカを依頼します。」
おかめの仮面を被ったなにか(鬼と言われていました)が登場。

「祭りはまだ終わらぬか。」祭りが開かれることに未練があるようです。
いらない子(ほなみ)の攻撃、おばけに0のダメージ。
社長の攻撃で一応は撃破しますが、それは分身の1つ、本体は別にあるようです。

ばあちゃんがくぎゅを「あんなもの」よばわり・・・
いやな性格・・・
監視をしたりもしてます。

びゃっこ(猫さん)を追いかけて来たら、そこの倉にはくぎゅが!
思わせぶりな言い方で「帰るときはみんな一緒だね。」
あれ?そこで連れ帰って終わりじゃないんだ・・・まぁあたりまえですね。

おばあちゃんの力で鬼の本体の元へと。
そこは人がたくさん死んだ場所だったので、いろいろと力がある土地のようです。
「祭りはまだ終わらぬか。」
大量のおかめさん(鬼)
たつみはそこそこの活躍。
いらない子の大活躍!
グラムサイトの能力で逃げるルートを発見しますが、猫屋敷が「そこから離れて下さい。」
下からなんかすごいことになったんですが、そこは猫屋敷さんのケッカイの中。

そこには猫屋敷さんとくぎゅのお姉ちゃんが。
鬼を食べさせる祭り。それのせいで過去に失敗したというトラブルが。
人柱をたてて成功を祈ったのですが、それがくぎゅだったよう。
それがいやだったのでくぎゅのお姉ちゃんは誘拐してもらったよう。

しかしおばあちゃんに見つかり、祭り開始。

このままではくぎゅがぁぁぁ・・・
来週くぎゅメインの話になるんですかね?

テーマ:レンタルマギカ - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:04 | トラックバック:0 | コメント:0
モノクロの世界#16
雪の上ではどうしても足音が出てしまう。できる限り自らの気配を消し、包丁を構え、一気に間合いを詰める……と─

「ま……真帆!?」
「勇君!?」
勇はそのまま包丁を突き刺すことを躊躇した。
このまま殺すか……それとも─
その時、ふとクラスで真帆と出会ったときのことを思い出した。
─ちっ……
包丁を止める。
「ふぅ~、怖かったぁ。」
そういうと、真帆は気まずそうに顔を背けた。
「まだ……生きてたんだな。」
「勇君こそ、よかったね。」
そこで会話が途切れた。
「……私、ずっと逃げ回っててさ、やっぱり1人じゃ無理だな~って思って、やっぱり1人じゃ怖くて……だから─」
「いいよ。」
「へ?」真帆はきょとんとした顔をしている。
「だから、これからまた一緒に行動しないかって話だろ?別にいいよ。」
「あ……うん。それは嬉しい。でも、やっぱり迷惑にならない?私みたいに─」
「気にするな。」
こういうことを言っているとなんだか照れてくる。
「そんなことは気にしなくていい。だから─」ここがお前の居場所だ。そんなことは恥ずかしすぎて言えない。
「だから……なに?」
「なんでもねー。」
「ふーん。」いつのまにか真帆に笑顔が戻っていた。

今までずっと張りつめていたものが少しほどけていく気がした。

今、地球には一体何人の人が生きていて、そして何人の人を殺して生きてきたのだろう。何人の人が、真帆のように人を殺さないようにしたのだろう。
なんとなく、少し寂しくなる。

何時間経っただろうか。まだまだ雪は止みそうになかった……


結局真帆と再会です。
まぁこの展開はバレてたんじゃないかと思いますが。
「今地球には~」のところはいらない気がします。再会して、そこで終わったなんとなくよかったかな~って思ってます。
なんとなく消さないんですけど。

またもや関係ない話ですが、今ものすごく眠いです。
昨日徹夜してたものですから。
今日は学校で少し寝ようとしたんですが、8時ごろに寝て、目が覚めた(起こされた)のが12時ごろでして、その間起きない私も私ですが・・・
そんな不規則きわまりない生活が・・・また今日も続く・・・のかなぁ?

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 02:34 | トラックバック:0 | コメント:0
狼と香辛料第8幕「狼と正しき天秤」
前回見事に?騙されました・・・
今ちょうどOPが始まったところです。
今回はどんな展開なんでしょうか?1回で理解できるんでしょうかw
それでは本編~


ロレンスは酒場で情報収集?
ロレンスは女に弱い模様です。
この町はつまらないですね・・・・・
次の町は都市、ホロは期待大です。ハチミツの漬物だそうです。
ホロは買って欲しいようです。必死具合がなんとなく可愛いw

売り切れるかもしれないから早く行きたい。
ホロ「でも、梨も捨てがたいの」ww
商談は進みますが・・・
「秤はお持ちですか?」
「いえ、ですが、神は信じています。」

この言葉で天秤を選んだようですが・・・・これは?

商談は成立したようですが・・・ホロが一芝居うちました。
目眩のふりをして傾いていることを発見しました。
これを盾にどんどん推し進めていきます。

これで成立。流石?です。

ホロはロレンスに説教しますがそのしかたもまた可愛い・・・

CM~
CM中にDVDのCMやってたんですが、少しギャグ?

ホロおねだりしますが、ロレンスはお金がかかっている、と切替します。
賢いホロ、でも今回の商談は誰のおかげで?

ここで最終手段?(半)泣き脅し。誘惑?
利子を付けて返すから多くのお金を貸してくれ、とのこと。
本当にロレンスは女に弱いです・・・

株仲間のようなしくみで次の町(ルビンハイゲン)では中々儲けられないみたいです。

傭兵団が現れたとかなんとかで迂回路から目指すことに。

なぜかいびきの話題で口論しますが、何かが現れたようです。
例の魔術師?羊飼い?

羊飼いの人が可愛いから?ロレンスは反応、ホロ嫉妬。


今回はここで終了です。
絶対に羊飼いの人が怪しい気がするんですが・・・
ただ可愛いという理由だけではないとも思います。ロレンスの反応は。
このエピソードで終わっちゃうんですかね?まだまだ見たいなー。

テーマ:狼と香辛料 - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 03:56 | トラックバック:2 | コメント:0
素敵探偵ラビリンス第20幕「崩壊の序曲」
好きなアニメとか言ったわりにレビューを全然してなかった気が・・・・
久々のラビリンス、それでは本編~


いいOPだなぁ、と思っていると始まりました。
セイジたちがなにやら「あれ」について話してますが・・・・なんのことやら・・・・

マユキ君は晴嵐の力になろうとして理事長にセイジのことなどを聞きに行きますが、理事長に言わせればそれは「傲慢、他力本願」とのこと。
切原の声で「まだまだだね」って、少しテニプリを連想。

マユキ君が1人(と1匹)の時に白蟲登場。
マユキ君は自分は「命は狙われていない、と推理しているようですが、白蟲はそのまま殺そうとします。
マルがなんか失禁してますがスルーで。

そこに晴嵐が登場、戦闘を繰り広げます。
マユキ君が「やめろーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」と叫んだんですが・・・・
首都崩壊・・・・・?
これがセイジたちの求める力のようですが・・・
そのままマユキ君は倒れてしまいますし・・・・
マユキ君は自分のこの能力のことで絶対絶望するんじゃないかと・・・


今回はこんな感じでした。
大分謎が残ってしまいましたが、その分次回に期待したいです。
| アニメ | 03:08 | トラックバック:0 | コメント:0
モノクロの世界#15
12月21日─核発射まであと4日─
1人になってから1週間が経った。
このころになると勇もかなりの戦闘を繰り返し、多くを殺してきた。だが、勇は人を殺して生きる毎日に疑問を感じていた。
これは自分が生きるためである。そう考えても、なかなか自分を納得させられない。
だが、どんなに迷ったとしても殺すことはやめられない。生きるために……

あ─雪……
ふいに空から降ってきた雪。今年の初雪である。いつもなら子供が珍しがって外を元気に駆け回る光景が見られるのだろうが、今はそんなものはない。
勇は雪が止むまでどこかで休むことにした。
雪は敵の接近を知らせてくれる。
生きるために今まで多くを考えてきただけはある。

どれだけの時間が経っただろうか、電気などはすでに止まっており、太陽も見られない。だが、雪の積もり方からかなりの時間が経ったが、一向に雪は止まない。
─しゃあない。もっかい探してみっか。

雪に自分の足跡しかないことが寂しい。と、その時、1人の足跡を発見する。
それはずっと先まで続いていた。
─罠…か?
だがチャンスでもある。
「よっし。」そう自らに気合いを入れ、その足跡を追っていった……

タイトルを正式決定しました!
以前、モノクロというアイディアをいただいたので、それを少しいじって使わせていただきました。
いきなり1週間が経過しましたが、これのおかげ?で卒業に間に合いそうです。
23話目で終了、計24話で完結予定ですので、あと少しです。
最終回は3月5日更新予定ですので、グダグダですがよろしくです。

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 20:02 | トラックバック:0 | コメント:0
みなみけ~おかわり~7杯目「噛めば噛むほど甘くなるんだよ」
幸せを~かか~げ~て~
て番組ちがいますしね。
タイトルが「みなみけ~ふゆき~」なんじゃないかと思ってしまう最近。
ぜひ、「みなみけ~ほさか~」いえ、「「ほさか~おかわり~」を作っていただきたいです。
それでは本編~

バレンタインの話ですね。
姉様は友チョコを。カナは興味なし。チアキは作り方を教わりたいようです。
姉様に渡すつもりなんですかね?
姉様、友チョコでいいので私にもチョコを・・・・
カナは「祭り」というワードに反応、やる気UP

マコちゃんがメイド姿に。
1人笑いを堪えるのに必死です。
女であるから出入りできる、だから「女」として手伝うことに。
でもなぜメイド服?
そもそもなぜあんなものを持っているんでしょう?

トウマは興味がないようです。兄たちも不憫ですね。
ウチダは誰にあげるか決めてなく、ヨシノは父に。
ちなみにカナは貰う側。

マコちゃんは姉様にあげるつもりでしたが、チアキに却下されました。
男の子にあげないの?という姉様の質問に、
「マコト君・・・」
チアキ「やめておけ、バカな子供だぞ」
ヨシノはものすごく笑いを堪えてます。

トウマは自分が寂しい人間なのか擬問があるようです。

チアキはうまくチョコを溶かしたようですが、それをカナが食してしまったようです。
マコちゃんはいつでもお嫁にいけるとか言われて・・・浮かない顔。

結局チョコが足りなくなってトウマに買いにいかせるようです。
帰り道にフジオカに出会って、手伝おうか?という流れになりましたが、
「カナはお前にあげるかもしれないだろ。」
フジオカは赤面、トウマはダッシュ。
これはトウマ→フジオカのフラグですか?

チョコ作りはいよいよ完成が近づいてきました。

CM~

お茶会してます。
トウマ、マコちゃんは帰ったようです。
チアキは誰にあげるのかな?という話で、
カナ「おとなりのフユキじゃない?」
そんなことを言われたら・・・ね。

カナはチアキのチョコをこっそり・・・・?
なぜかカナが酷いことに。チアキの策略のようです。

ヨシノはあげる人がいないようです。

翌日・・・・・・・・
学校では、フジオカの机の中に溢れんばかりのチョコが・・・
フジオカ「しまった。今日は義理チョコの1つも受け取れないんだ。」
義理チョコなんですかね?
それと、なぜほかの女子は自分のチョコ以外を捨てないんですかね?確実に受け取ってほしいならそうするべきでは?と思うんですが・・・流石に酷いですけど。

フジオカはカナに「チョコ貰った?」と聞きますが、フジオカは「いや、貰ってないよ」と。
カナから貰う気満々ですね。

フジオカストーカーが表れますが、チョコを心待ちにしているカナのせいで渡せません。
黒人間たちも同じく。

ヨシノはハムちゃんにチョコを強奪されてしまいます。
トウマは・・・モテモテ。黒人間からチョコを。

ホサカきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ハルカにケーキを渡すつもりです。ホワイトデーのお返しとして。
早いよ・・・・

「一番もてる人は?」
「石川先輩じゃない?」
「よし。」

カナがどこかえ行ってしまった後、フジオカはチョコを返しにダッシュ。

フユキはなんとなく貰ってます。

カナは(石川先輩から貰った)チョコをフジオカに渡してます。
そうともしらずフジオカは喜んでます。
フジオカはどれだけピュアなんですか・・・・可愛そうです。

カナとチアキは姉様からチョコを。
チアキからも姉様に。
チアキの心の声「私はハルカ姉様一筋です。」

姉様から貰ったチョコはふじおか型。チアキが食べるのをためらっていると、カナが後ろからやってきて・・・・パク。


酷くないですか?フユキ君がもてるなんて・・・・
久々のホサカ先輩登場、原作にそった話でフユキもいない、最高かな、と思っていたら・・・・・フユキめ・・・・
マコちゃんのメイド姿は・・・きっとその内薄いご本になるでしょうね。


テーマ:みなみけ~おかわり~ - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 17:39 | トラックバック:1 | コメント:3
モノクロの世界#14
「でも、こいつらはもう虫の息じゃねえか。何も殺さなくても……」
「どうせ生き残れるのはたった1人だ。こいつらじゃ絶対にその1人にはなれない。」
「だとしても全員で生き残れる可能性も……」
「俺はそんな不確定要素に命を賭けるつもりはない。」
「そんな─」
「あー、分ーった。もうお前は当てにしない。」
そう言うと、裕樹は1人、また1人と殺していく。
「いくらなんでも─」
「甘ーんだよ、てめえはよ。どのみち生きたきゃ殺すしかねーんだよ。分かんねーのか?まぁいい。この先お前みたいなのがいても足手まといだ。さっきの真帆みたいなのも一緒に行動してる側としては迷惑だしな。これで解散だ。」
裕樹はそう言って去ってしまった。
勇はポツンと1人取り残された。1人になったことで初めて考える時間が生まれた。
裕樹の言っていることは間違っていないと思う。しかし、それが本当に正しいことか、何か別の道はないか、それは勇には分からない。
だが、それより明日からどうやって生きていくかを考えることのほうが先である。

さっきテニプリのDVDの新作のやつを借りて見てたんですが・・・金ちゃん可愛いよ!
「スーパーウルトラグレイトデリシャス大車輪山嵐!!」って、そのネーミングセンスはどうかと思うけど・・・
無邪気で明るくて元気がいっぱいで・・・もーかわいいすぎます。弟にほしい!
あとはテニプリキャラの中では菊丸とかが好きです。
あれ?なんか好きなキャラの性格に偏りが・・・
はい、ショタです。多分。

相変わらず小説とは関係ないですね。
結局勇君1人に戻りました。
そろそろ塾の授業が始まるので一端失礼しまーす。

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 19:41 | トラックバック:0 | コメント:0
モノクロの世界#13
「もう……イヤだよ……なんで友達同士で……」
「ラッキー。とんだ甘ちゃんだよ。」
真帆にナイフが突き刺されそうになる、その刹那。「くそっ」
勇はそのまま飛び出し、真帆をつき飛ばす。
「─っつ」太股にナイフが刺さっている。ズボンに赤い染みが浮かび上がってくる。
「勇君!!」
「いいから早く逃げろ!!」
「なんでよ……なんであのまま死なせてくれなかったの?このまま友達と殺し合って……それでいいの!?私は嫌だよ……そんなことなら……死にたかった。なのに……勇君が助けちゃった……怪我までして……私はもう死ねなくなっちゃった……なんで?こんな世界なのにどうしてそんなに生きようとできるの……?」

パチン

気がつくと勇は右手を振り抜いていた。止められなかった。
「死にたければ死ねばいいじゃねぇか。だけどな、だったら誰にも迷惑かけんじゃねぇよ。怪我?それを理由にすんなよ。どうせ死ぬのが怖ぇんだろ!?本当に死にたいなら止めるつもりはねぇ。そんな意気地無しじゃ、お前はどっちみちちょっとしたことでそうやって悲劇のヒロインぶって泣いて……それで?……おしまいじゃねぇか。それで一体どうなるんだ?ささっとどっか行っちまえよ!」
言ってしまった。言ってしまってからそう思った。こんなことを言いたかったわけではない。
「─……」真帆は絶句している。
もっと優しい言葉をかけてやるべきだった。なのに……
自分は殺してないとしても、でも、真帆はだれよりも辛かったのかもしれない。

真帆は走り去ってしまった。真帆の座っていた辺りが所々湿っているのがなんだか悲しい。
「青春ドラマはいーからさー、そろそろ続きしよーよ。わざわざ待ってあげたんだからさー、いい声で鳴いてね♪」
「畜生ー!!」そう叫んだ勇は怒りに身を任せた勢いで敵をけちらした。
「ハァー、ハァー、ハァー……」
「おつかれさん。」
そう言って裕樹が差し出したのは包丁。
「止め、さしてやれ。」
そう言った裕樹は─笑っていた。


一応全体の下書きが完成しました。
あと8話ぐらいで終了する予定です。
そこで次の小説のテーマを募集したいです。
コメントとかで教えて下さい。できそうだったら書きますので。
そして相変わらずハヤテが見れない……
もうすぐ最終回なのにしばらく見れる気配がしない……
受験なんて……

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 00:08 | トラックバック:0 | コメント:2
モノクロの世界#12
「よし、ただの馬鹿の方だった。」
いくらなんでも、クラスメイトにその言い方は酷いと思う。
「じゃあ作戦だが─」
しかし、すでに真帆は飛び出していた。
「椎名ー、よかった。元気だったんだー」
「ちっ、あの馬鹿。そんな風に突っ込んだは……」
「だが、あいつらだって敵じゃないだろ?」
そこまで言ってから気づいた。自分たちが生きるために殺しを行っているように、彼らもまた同じなのだと。そこには級友の関係などは意味を持たない。よって……
「─えっ……」
椎名の手に握られていたナイフが今は真帆の後ろの木に刺さっている。
真帆はその場に座り込む。
「あーあ、外しちゃったか。まぁ……クラスメイトのよしみで逃げるなら見逃してあげるけど、次は外さないよ。」
「いいから殺しちゃえよ。」
「だってさ。もう殺っちゃうよ?」
真帆に向かってナイフが飛んでいく。
気がつくと、勇は身を乗り出して、「逃げろ、真帆ーーー!」と叫んでいた。
隣では裕樹がやれやれといった顔をしている。
「……イヤ」
真帆はその場から動かなかった。


wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
はい。今回の話とは一切関係ありません。
昨日あまりにも面白すぎることがありまして。帰り道はあっはっはっはっはっはっ・・・って保坂笑いで、っていうのは大げさですが。まぁいろいろあったんです。

小説の方は相変わらずグダグダです・・・
ようやく話が全体的に完成してきました。
そろそろタイトルも決めないとなぁ。

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 10:44 | トラックバック:0 | コメント:2
バンブーブレード第19話「アルマジロとセンザンコウ」
どこまで放送するかは分かりませんが、そろそろ原作に追いついてしまうのではないかと心配です。
今回からはしばらく落ち着くのかな?
それでは本編~

今回はみやみやとダン君の話、かな?
中学時代、大切なやつが死んだ、それがダン君にそっくりだ、ということらしいです。
センザンコウ、だそうですが・・・

OP~

サヤは復活して、玉cの足も大丈夫。
さぁ頑張るぞ!と、考えましたが、練習試合すらできない。
ダン君飴で慰めてますw
コジローは玉を互角以上の相手と戦わせたかったよう。

部員で総当たり戦をすることに。これは原作にない展開!
みやみやはさとりんから1本をとる、と息込んでますが、さとりんびびりまくり・・・

で、みやみや勝てない・・・
ダン君はユージから1本取れるようになってます。すさまじい上達。
みやみや落ち込み、さとりん指導、みやみやキレる。生身なら最強w
ダン君はみやみやの慰め方が上手い。
ただ、もう少し試合のシーンが欲しかったです。

あの・・・なんでしたっけ?あのおじさん、コジローの先輩の。
あの人と病院で会って、家に送ってもらうことに。
おじさん曰く、玉cは一度負けることが必要、と。
いつの日か、コジローに負けたことがあるからこそ分かることですね。

みやみやたちは竹刀を買いにいきます。
大福おじさん、再びwみやみやは竹刀を選び、手にとりますが、同じ竹刀に外国人が・・・

CM~

正直入力が追いつきません・・・
竹刀の取り合い?
会話が成立しません・・・英語ですから。
ダン君英語はできるけど発音が・・・
キャリー西川?とかいう人らしい。
ダン君が昔飼ってたアルマジロにそっくりだとかでベタぼれ。
あ、西川は日本語余裕で話せるようです。
なんかダン君を賭けて試合することに・・・ダン君はものじゃないのに・・・
黒みやみやをダン君に見せてよかったのかな・・・?

玉cはおじさんの話を気にして、負けた時の気持ちをユウジ君に聞きます。
おじいちゃん明らかに勘違い。

翌日、西川登場!
少し遅れてみやみや登場!
玉c話に付いていけない!
ダン君の魅力は海をも越えてしまったようですw
男子陣の反応が・・・

西川二刀流。みやみやは戸惑い、早々に1本取られてしまいます。
みやみや黒いオーラが・・・

みやみや「突きー!」
西川がバランスを崩しますが、胴に踏み込んだところに面。2本負け。
試合後、西川はダン君にべたべたですが、
「My lover is only miyamiya forever.Sory sory sory・・・」

なぜかみやみやと西川の間に女の友情が・・・
ただ・・・
高校生って、二刀流は公式戦では不可。そんなオチ。


原作にない展開はよかったのですが、惜しむらくは試合が全面的に押し出されてないことですかね。
剣道の試合を長く面白く、っていうのは難しいんでしょうけど・・・
| アニメ | 03:18 | トラックバック:0 | コメント:0
ロザリオとバンパイア
最近ただのエロアニメではないか、という疑問を捨てきれないこのアニメです。
戦闘が(限りなく)ない・・・
いいんですか?これで。

いきなりシャワーシーン?着替えシーン?流石(?)エロアニメw
何かが近づいて、悲鳴。

OP~この曲、テンションだけは好きなんですけど、ね。

いきなりモカさん血を吸ってます。
あの「チューの音」は嫌いです。
その他くるむちゃんとか登場~
BGMがw
新聞部を始めます。部長は関西弁でたらしのぎん君。それ以外のメンバーはつくねたちしかいません。
去年までこの部活は一体どうなっていたんでしょう?
クラスは覗き魔の話題でもちきり。
ぎん君明らかに怪しいです・・・
ぎん君は見た目通りのゆる~キャラ。
新聞部として覗き魔を記事にしようとします。
パンツ覗くぎんwww
一応こうもりで規制(?)されてますが・・・
つくねがぎん君が覗いてることを言いますが、ぎん君はつくねのことに話をすり替えます。
モカ「私、えっちな人、嫌い。」

トイレでのモカさんが明らかに・・・ね。

ぎん君次のターゲットモカさん?
モカさんパンツの仕返しにツン態度。

ぎん君誤解してます・・・
つくねとモカさんはそんな関係じゃないよ!!

CM~

つくね気まずい状況・・・
今度は覗きの疑い。
ぎん君はつくねのことを信じるとか言いつつ、明らかに罠を・・・
信じるつくねも馬鹿・・・
女子更衣室を覗いたつくね、写真、ぎん最悪・・・そしてぎん逃亡。女の敵・・・
モカさん登場~なんと間の悪い・・・
つくね女子にフルボッコ・・・あんまり嫌そうじゃない・・・

くるむは妙なところに自信を持ってます。
「つくねが私の以外を見たがるわけがない!」w

ぎん君がモカさんにアプローチをかけます。
でもモカさんはまだつくねが覗いたなんて信じられないよう。
これは・・・私でも惚れます。
はい、写真。ぎん君腹黒いよ・・・
でもモカさんはまだつくねを信じたい。
ワトソン?ホームズ?のくるむ達登場。
馬鹿ぎんが口をどんどん滑らすは滑らすは・・・
上手い具合に犯人確立条件が整ってます。運がいい。
ぎん君本性表しました。
ホロ化、違った。獣化。
つくね登場、数秒で吹っ飛ばされた勢いでロザリオを外して、覚醒。
ぎん君珍しく裏モカ様の初撃をかわしました、が、月が隠れて能力低下。
いいキャラしてたな・・・ぎん君。
112秒、おつ。


ぎん君が使い捨てなのが勿体ないようなキャラでしたよ。
1つよろしいでしょうか?今のところ妖怪であることに何の意味も感じられないんですが・・・
次回は雪女が登場します。名は白雪みぞれ、だったかな?ついに、ついにです!!
次回かなり期待!

テーマ:ロザリオとバンパイア - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 02:09 | トラックバック:0 | コメント:0
モノクロの世界#11
12月14日─核発射まであと11日─
「何もなかったみたいだな。」
「ああ。つーかなにお前は勝手に見張り押しつけてんだよ。おかげで俺はこの2日間一睡もできてねーんだぞ?」
「分ーった分ーった。今晩は俺が見張りやっから。まぁ敵が襲ってくるなら闇討ちかと思ったんだが、検討違いだったみてーだな。」

一同は朝食を終えると、支度を始めた。支度とは言っても、移動の際に荷物が邪魔にならないようにまとめることぐらいであるが。
「昨日も言ったように次はお前らに殺してもらう。」
その言葉に唾を飲んだ。
「次に行くのは公園だ。あんなに見晴らしのいい場所にいるのはただの馬鹿、もしくは自信家、こいつらなら問題ない。1番厄介なのは真の実力者だった場合だな。だが公園で追いつめられることはほぼないだろう。」

「お?」
裕樹が少し喜んだ声を発した。
公園に着いて初めて見たものは─クラスメイトだった。


今回はこんな感じです。
大分ネタのストックができてきました。
ただ、逆に早く終わりすぎて卒業に合わせられない可能性が・・・
なんとか頑張りますので、よろしくです。

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 19:14 | トラックバック:0 | コメント:3
モノクロの世界#10
「今日はここで寝るぞ。このタイミングで誰もいないならおそらく朝まで誰も来ない。」
そう言うと、裕樹は奥の部屋に歩いて行った。
辺りにはまだ血の臭いが残っている。こんな所で1泊すると考えるとぞっとする。
「あ、そうだ。」
裕樹が何かを言うために立ち止まった。
「次は、お前らが殺せよ。本番のときのためにもな。俺は寝るわ。どっちか見張り頼む。」
そう一方的に言うと、裕樹は奥の部屋に入ってしまった。
「俺が見張りをしておくから真帆は寝てていいぞ。」
「そう?ありがと。」
そう言って真帆はあくびをしながら別の部屋へ入っていった。
月明かりを浴びてステンドグラスが輝いた。

「勇君。」
およそ1時間が過ぎた頃だろうか、真帆が部屋から出てきた。
「寝てていいぞ。俺は眠る心配ねーから。」
「いいよー。それより勇君のほうこそ目の下に隈ができてるじゃん。私は大丈夫だから。」
勇は笑いながら「いや、いつも居眠りしてるお前に説得力がないんだが?」
真帆も笑顔で「酷いよ~」
そこで話が一度途切れる。
「私さー、」
少しの間の後、真帆は口を開いた。
「お父さんとかとあんまり仲良くないんだよね。」
何を始めるんだ?と思ったが、今は口を挟まない。
「昔っから共働きだったから、家に帰ってもいっつも1人ぼっちで、ご飯の時だってレンジでチンしたもので、テレビも1人で見てて……幼稚園の時からだよ?家がすんごく広く感じてた。いっつも1人で、いっつも寂しかった。親なんて嫌いだーって言う人、たくさんいるでしょ?でも、それってすんごく贅沢だと思わない?自分は恵まれてるんだって、どうして思えないんだろう。」
答えることができなかった。自分も真帆の言う“贅沢な”人間の1人だと思ったからだ。
きっと真帆は自分が母親を殺してしまったことを知らない。知ったとしたら自分はどう思われるのだろうか。
1つ、疑問に浮かんだことがある。なぜ真帆は突然こんなことを話したか、である。
これには勇は1つの仮説をたてた。きっと真帆は自分の居場所を探しているんだ。幼いころから親の愛を満足に感じられなかったから、きっと誰かに、自分はそこに居てもいいんだと、認めてほしかった、言ってほしかったんじゃないか、と。

「……親……か……」
ようやく出てきた言葉もそれだけである。
実際、勇には両親との楽しかった思い出がないように思える。最後の瞬間まで。
だが、と思う。
きっと、真帆はもっと寂しい日々だったんだな、そう思うと、不思議と涙がこみ上げてきた。
「ちょ……なんで勇君が泣いちゃうの?」
「いや、なんとなく……な。」
ステンドグラスの輝きは失われていた。


長い・・・途中のところで止められなかったです。
なるべく早く終わりに向かっていきたいですから、ついついまとめて更新をしてしまいました。
今ものすごく寒いです・・・
キーを打つ親指が痛い・・・
今回は大した進展がなかったですが、次回はどうなるでしょうか。まだ自分でも決めてません・・・

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| モノクロの世界(自作小説)(完結済み) | 22:06 | トラックバック:0 | コメント:0
狼と香辛料第6幕「狼と無言の別れ」
今回からは新展開?ときたいしていたら最終回とかなってますがこれはいったい・・・・
難しい話が多いですが、2人のコンビだけでかなり好きなこのアニメ。
あ、OPが始まりました。それでは本編。


前回に引き続き、下水道を通っています。
ところで、これって本当に最終回なんですが?いまいち信じられません。タイトルとか明らかにそれっぽいのですが。
後ろから犬が追いかけてきますが、ホロの遠吠えで犬はびびって逃げていきました。流石は狼。
ばれたわけではないようですが、偶然発見されてしまったようです。
ミローネ商会に売られた、とのこと。

苦手いると、挟み撃ちにあいます。
敵の待ち伏せ、一度は避けますが、ロレンスが・・・・無事でした。しかし、出血が・・・・
一度気絶してしまったようです。
ロレンスはいったいなにがあったのか全然覚えていられなかったよう。
出口は発見しましたが、それは高い位置にあったので出られません。そこに敵の追っ手が。
クロエ登場~
クロエたちの行っていることも村のためのようですが、銀貨の特権で税をなくすためのようです。
クロエはロレンスに協力を求めます。
いかし、承認として約束を守ることが大切。今はホロを北に送り届ける、とのこと。

ここでホロが体を張ります。
え?ロレンスを押し倒して・・・
キス????ちがいました。吸血です。
目が・・・・・狼として覚醒!
ロレンスはマジでびびってます。
最初に一部だけなら変化を見たことがあるはずなんですが・・・・
敵はちりぢり。
ホロ無双w

クロエが目を覚ますと・・・・誰もいません。ホロ(狼)が!!
クロえは理不尽なことばかりだと言います。事情を知らないのに・・・・・
ロレンス「ほろ、止めろ!!」
ホロはクロエを解放しますが、ロレンスがマジビビリです。
ホロはどこかえ行こうとしますが、ロレンスはまだ借りを返せていない。どこまで行っても絶対に返す、と言います。

ロレンスが目を覚ますと、そこには腹黒おじさんが・・・
商会の不手際だったようです。
ホロはおじさんにロレンスのことを頼むと、行き先も告げずにどこかえ・・・・
取引は上手くいきそうです。利益はあまりでなかったようですが・・・・
予想外の出来事、メディオ商会にはかなりの不利益が。
腹黒おじさんはたとえ話をします、が、イマイチ意味が・・・・香辛料というワードが出てきたんですが。
ロレンス宛ての請求書。上半身裸で駆け出しますw
そこには大量のりんごと・・・ホロ。
「北まで来られてもこまるからのぅ」
ツンデレ。
最後は手を取り合い、終了・・・


いい話だなぁ。6話で最終回なのが勿体なさすぎる・・・・
しかし、ホロは可愛いなぁ。
原作読んでないので分かりませんが、香辛料との関係性がイマイチ分かりません。
OPはかなりツボ。第2期があるか分かりませんが、ぜひぜひお願いしたい。
実は2クール放送すろ、とかないんですかね。
そういえば記事の送信を忘れてて今更感が・・・
以上、狼と香辛料でした。

テーマ:狼と香辛料 - ジャンル:アニメ・コミック

| アニメ | 12:24 | トラックバック:2 | コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフ代わり

レンバージョンとか造ってほしいなぁ

ランキング~

こんなブログですが押していただければ喜びます。

リンク
FC2カウンター

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。